CSS擬似要素のbefore・afterとは

CSSの『:before』『:after』を使えばHTML上に存在しない擬似要素を追加(表示)する事ができるので、これまで装飾の為に使ってた空のdiv要素やspan要素でHTMLのソースコードを煩雑にしなくて済むメリットがある

続きを読む